自動車買い取り店の有効利用

最近、クルマの買い取り屋さんの看板をあちこちで見かけるようになって来ました。
初めは車を使わなくなった人が不要の車を買いとってくれるだけかと思っていたのですが、周りの人の話を聞くと、
自分が車を取り替えたい時に普通は自分が今まで使用していた車を下取りに出していましたが、
今は下取りに出さないで自動車の現金買取のお店に持ち込んで買い取ってもらって、
下取りに出そうとしていた車を現金にしてから車を買うようになっていると聞きました。
なんか、面倒くさいのにどうして買い取り屋さんい持ち込んで買い取ってもらうかというと、全部ではありませんが、
自動車の現金買取屋さんの方が自動車販売店の下取り価格より高い事が多いらしく、そうしている人が増えているそうです。
自動車の販売店の下取りは、下取りした車を自分の店で商品化をして仕上げて自分の店で販売する事がほとんどですが、
自動車の買い取り店は、買い取ったクルマを直ぐに自動車のオートオークションに出品して現金化してしまう事がほとんどで、
買い取り価格も、自動車のオートオークシャンの落札相場を確認しているので、
中古車市場の人気度合いで高価に買い取ってくれる事が多くなっているらしく、どんどん買い取りに持ち込まれる車が増えてきているようです。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、プエンテが2011年1月 9日 10:19に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「ハワイウォーターにして良かったこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ